QuietOnは、創始者であるJanneが「アクティブノイズキャンセル技術は、度重なる飛行機移動での出張疲れを効果的に軽減できるはずだ!」と思いついたことをきっかけに、フィンランドのオウル市で誕生しました。
QuietOnは、心拍計がついた腕時計で有名なフィンランドのPolar社(ポラール)がかつて使用していたオフィスビルを拠点としています。

2015年、ノキアで経験を積んだJanneとMattiは、(ノキア時代にゴールデンイヤーと呼ばれていました。)最初の試作機を完成させ、テスト及び検証を行いました。試作機の評価は、とても高く、最初のIndiegogoキャンペーンを開始と同時に製品製造も開始しました。同キャンペーンでは、約1.3ミリオンドル(USD)の支援に達成し、Indiegogoの支援者に最初の商品をお届けしました。その後、2017年には、各市場の販売を拡大し、B2B、小売店、Eコマースを通じて、15,000以上の商品を世界120カ国以上のお客様にお届けしてきました。

様々な場面でご満足頂いてるお客様

考案&開発開始までの背景

QuietOn初期モデルをご購入いただいたお客様からは、高い評価をいただきました が、睡眠時の利用では、製品サイズが少し大きく、枕に頭を沈めて横になって寝ることができないないという感想もいただきました。 開発チームは、まだ製品の改善余地はあり、睡眠時に利用したいというお客様のニーズはとても大きいと認識し、お客様が翌朝の出勤までにしっかりと快適にお休みし睡眠が取れるように、お役に立ちたいと思いました。

お客様からの貴重な感想を分析し、QuietOn開発チームは、主要な開発ポイントを定義しました。

QuietOn Sleepモデルは、睡眠時にも利用できる様に、製品サイズをさらに小さくし、装着したままでも快適にお休みできる様に、心地よい装着感も保証する必要があります。

QuietOnチームは、新モデルの製品サイズを初期モデルよりも40%縮小し、重量は50%軽量するドラフトスケッチを作成しました。

また、耳栓の周りを柔らかいクッションのような素材で覆うことで、耳穴に装着時にも快適にご使用いただけます。

アクティブノイズキャンセル性能は、いびき音や壁を越えても聞こえてる騒音を低減するのに最適です。他の耳栓にはない性能を搭載した製品、それは、 QuietOn Sleepです。

開発&製造チーム紹介

Matti Nisula – エレクトロニクスエンジニア

QuietOn共同創始者のMattiは、オーディオ、電子工学、シグナルプロセッサーの第一人者です。Mattiは、NokiaMicrosoftで8年間以上も経験を積み、「ゴールデンイヤー」と呼ばれていた部署にて、携帯電話や携帯付属製品の分析や微調整を行い、世界的に有名となったオーディオ品質を作り上げていました。Mattiは、仕事以外の時間にもオーディオ研究を続けています。

Janne Kyllönen – イノベイター

QuietOn 創始者のJanneは、イノベーターでありユーザーエキスペリエンスのプロダクトマネージャーです。NokiaやMicrosftで14年以上、プロダクト&プロジェクトマネージメントとして経験を積んできました。 Janneは、これまでにも数多くの特許を取り、優れた性能の製品開発を指揮してきました。

QuietOnのオペレーションや製品開発及び関連製品の多くのアイデアは、Janneがオフの時間にも追求し続けています。

Eeva-Maria Mattila – ロジスティックマスター

Eeva-Mariaは、ノキアで、要求高いロジスティックプロジェクト管理を15年位上経験してきました。Eeva-Mariaのビジネス理解は、QuietOnE-コマースとロジスティック業務を管理する為の基礎を構築したシステム作業アプローチを組み合わせたものです。

ロジスティックマスターであるEeva-Mariaは、これまでの経験を活かして、世界120カ国のお客様に15,000個以上の商品をお届けしてきました。

Hannu Lehtisalo – プロダクトエキスパート

材料の研究から製造業者、請負業者までの全てをHannuが管理しています。Hannuは、30年間に渡ってノキアとHuaweiの工場でエレクトロニクスとメカニクスの生産を指揮してきました。Hannuは、QuietOnでの製品製造の責任者です。 彼の作業デスクには、常に様々な種類の材料やサンプルが置かれています。

Share This